多久市内で葬祭式場を経営する「和光」(眞崎久司社長)は1日、多久市にベンチ8基を贈った。寄贈されたベンチは本年度からオープンした市児童センター「あじさい」などの福祉やスポーツの施設に配備される。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加