佐賀県内最大の労働団体の連合佐賀(青柳直会長、30産別約3万4千人)は4日、臨時地方委員会を佐賀市で開き、2017年春闘でベースアップ(ベア)を昨年に続き「2%程度を基準」とする要求方針を決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加