佐賀県沖の有明海奧部で、二枚貝の大量死を引き起こす貧酸素水塊が大規模に発生していることが、佐賀大学の調査で分かった。今月中旬までの大雨で、大気中の酸素が海中に届きにくくなったことが原因とみられる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加