「第17回うれしのあったかまつり 宵の美術館」が開かれている嬉野市で5日、デザインやアートの観点から全国各地の地方創生の道を探るプロジェクトの嬉野版「嬉野デザインウィーク」が開幕した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加