小城市とコンビニ大手「セブン-イレブン・ジャパン」は1月31日、食事などの宅配時にお年寄りの様子を見守る福祉活動の協定を結んだ。江里口秀次市長は「高齢者の安否確認ができる」と連携に期待を込めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加