生活の洋風化に伴いタンスに眠ることが多くなった和服。しかし、染めや織り方で一反の布に四季折々の花鳥風月が盛り込まれ、帯や小物との共演で「和の美」を演出するさまは、まさに芸術作品です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加