■農民抵抗封建社会に亀裂 洪水や冷害で米の不作が続き、全国的に政情が不安定になった幕末の天保年間。「天保の飢饉(ききん)」では各地で一揆や打ち壊しが頻発し、大阪では「大塩平八郎の乱」も起きた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加