公立高校のある全国66都道府県・政令指定都市のうち、昨春の一般入試で、インフルエンザなどで体調を崩した生徒らを対象にした追試を実施したのは11府県市だったことが6日、文部科学省の調査で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加