歴史小説家・伊東潤さんの講演会「幕末の佐賀藩」が4日、佐賀市の佐賀城本丸歴史館で開かれた。歴史愛好家ら約430人が来場し、明治維新を支えた佐賀藩の技術力や藩主・鍋島直正の功績などの話に聞き入った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加