県有明海漁協(徳永重昭組合長)が「海苔(のり)の日」の6日に合わせ、県内の小学校と特別支援学校の子どもたちに佐賀海苔を贈った。子どもたちは温かな白いご飯を“日本一”の海苔で巻き、笑顔で頬張っていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加