JAさが白石地区が生産する超早場ブランド米「七夕コシヒカリ」の田植えが、今年も始まった。10日ごろまでに組合の部会員465人が220ヘクタールで植え付け、8月上旬ごろには約850トンの収穫を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加