男子60キロ級1回戦 果敢に技を仕掛ける近藤隼斗(左)=福岡市の福岡国際センター

 柔道の全日本選抜体重別選手権第1日は1日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、男子で60キロ級は中村太樹(国士舘大)、66キロ級は藤阪泰恒(パーク24)、73キロ級は石原樹(日体大)、81キロ級は老野祐平(帝京平成大)が、いずれも初優勝した。

 女子は52キロ級で白石響(環太平洋大)が2年連続2度目の制覇。48キロ級は荒川朋花(ミキハウス)、57キロ級は高野綺海(日本エースサポート)が、ともに初の頂点に立った。57キロ級で東京五輪3位の芳田司(コマツ)は決勝で敗れた。

 佐賀県勢は3選手が出場。昨年10月の講道館杯で優勝した男子60キロ級の近藤隼斗(佐賀工高―国士舘大4年)が初戦で姿を消した。昨年の同大会4強の田中龍馬(佐賀商高―筑波大4年)、初出場となった田中龍雅(佐賀商高―筑波大1年)も1回戦で敗れた。

 男子60キロ級で大会3連覇を狙った故古賀稔彦氏の次男・古賀玄暉(旭化成)は準決勝で延長戦の末に敗れた。

 今大会は9~10月の杭州アジア大会(中国)代表選考会を兼ねる。世界選手権(5月・ドーハ)代表勢は出場しない。