奈良時代に編集された肥前風土記に登場し、景行天皇に『豊足(ゆたたり)の村』と名付けられたと記されている太良町。取材をするほど、山の幸や海の幸の豊かさ、人のつながりの強さを実感した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加