九州経済連合会は6日、少子高齢化に伴う労働人口の減少に対応するため、高度な技能を持つ外国人の登用や、高齢者が働きやすい環境の整備など企業が取り組むべき課題をまとめた報告書を発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加