九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)に関し、資源エネルギー庁幹部が7日、緊急時防護措置準備区域(UPZ)の30キロ圏内となる伊万里、唐津の両市を訪れ、再稼働を進める政府方針に理解を求めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加