多久市立病院に入院していた市内の女性=当時(93)=がトイレに放置されて尿路感染症を発症したとして、病院を管理する市に損害賠償を求めた訴訟の判決で、佐賀地裁は7日、女性側の請求を棄却した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加