佐賀県商工会連合会(飯盛康登会長)と県内17商工会の代表が1月31日、山口祥義知事と意見交換した。人口減少が進み、地域の商工業が疲弊する中、県の支援を要請した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加