日本原水爆被害者団体協議会(被団協)は7日、東京都内で開いた定期総会で、運動を実質的に率いる事務局長に事務局次長の木戸季市氏(77)を選出した。交代は17年ぶり。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加