購入の負担が重い大型農機を、コメや麦の収穫時期が異なる遠方の農家らで共同利用する取り組みが2017年度から本格スタートすることが7日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加