偽のニュースを意味する「フェイクニュース」の拡散が、米国などで社会問題を引き起こしている。昨年の米大統領選では有権者心理に影響した可能性が指摘され、IT大手も対策に重い腰を上げ始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加