オーナー制でミカン畑の耕作放棄地から守ろうと活動を展開している多久市南多久町の農園「風(ふう)」(森正行代表)は、児童とその両親を対象としたオーナー会員を募集している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加