現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

鳥栖、上位追撃狙う 13日アウェイ横浜M戦

2017年08月12日 10時55分

前節・柏戦で加入後初先発し、零封に貢献したDF鄭昇炫(中央)=1日、鳥栖市北部グラウンド
前節・柏戦で加入後初先発し、零封に貢献したDF鄭昇炫(中央)=1日、鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第22節の13日午後7時から、神奈川県横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で横浜F・マリノスと対戦する。前節は好調の柏と引き分け、3試合負けなしとした鳥栖。好位置につける相手を撃破し、上位追撃を図りたい。

 鳥栖は通算成績8勝7分け6敗(勝ち点31)の9位。前節・柏戦は強力な相手攻撃陣にシュート20本を浴びたが、GK権田を中心に守り抜き、引き分けに持ち込んだ。権田は「勝てる可能性もあった。ああいう試合をものにすることが大事」と話す。

 横浜Mは12勝4分け5敗(勝ち点40)の3位。前節は札幌に2-0で快勝し、11試合負けなしと好調を維持している。鳥栖が1-0で完封勝ちした5月の対戦では、両サイドからの攻撃を最小限に抑えており、今回もそれが勝敗のポイントになりそうだ。

 5日の清水戦から9日間で3試合の過密日程。疲労や暑さをしのぐことが必要だが、MF福田は「試合終盤のきつい中でも選手間で互いに声を出せている」と自信を示す。DF三丸は「チーム全体で向かっていかないといけない」と総力戦の必要性を強調する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷