現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

サガン 松本に苦杯、天皇杯3回戦

松本2-1鳥栖

2017年07月13日 08時26分

 第97回天皇杯全日本サッカー選手権(日本サッカー協会・Jリーグ主催、共同通信社・NHK共催)第4日は12日、長野県松本市の松本平広域公園総合球技場などで3回戦があり、J1サガン鳥栖はJ2松本山雅FCに1-2で敗れた。

 J1勢では、2連覇を狙う鹿島がJ2山形に5-0と快勝。前回準優勝の川崎はJ2群馬を4-0で下した。筑波大(茨城)はJ2福岡を2-1で破った。

 ベスト16による4回戦は9月20日に実施される。

■16強を前に天皇杯敗退

 鳥栖は積極果敢に攻めてくる松本の勢いを止めきれず後半2失点。1点は返したものの、守りを固めた松本に逃げ切られた。

 前半は鳥栖がボールを保持する時間が長かったが、決定機はつくれなかった。相手攻撃陣の積極的なシュートはGK権田が好セーブでしのいだ。

 後半、松本が徐々にゴールに迫り、22分に右サイドからのボールをMF志知に決められると、26分には中央からのスルーパスに反応したMFセルジーニョに流し込まれた。鳥栖は猛反撃し、33分にMF水野のFKをDF青木が押し込んで1点を返したが、あと1点が遠かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷