現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ヨシキの視点 自信につながる勝利

第3節 サガン鳥栖1-0サンフレッチェ広島

2017年03月18日 10時19分

鳥栖―広島 後半、突破を狙う鳥栖FW田川(中央)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム
鳥栖―広島 後半、突破を狙う鳥栖FW田川(中央)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖は、リーグ戦第3節でサンフレッチェ広島に1-0で今季初勝利を挙げた。後半の猛攻をしのいで完封勝ちした一戦をMF高橋義希選手に振り返ってもらい、次節、C大阪戦のポイントを聞いた。

 最初の2試合は、決して悪い内容ではなかったが勝ち取れなかった。どうしても早く勝利が欲しかった中で、昨季勝てなかった広島に勝つことができたのは非常に大きく、チームの自信につながった。

 前後半とも入りは良かった。相手の動きを見ながら、中盤の3人がバランスを意識して守れた。準備してきたことができた。広島にイエローカードが多かったが、(自分たちが)抜け出そうとした時に後ろから止めてくる場面が多かったのが要因。鳥栖が攻撃でいい形をつくれていたことの現れだろう。

 セットプレーで得点できたのは、相手に与えたダメージも大きかったと思う。原川のような力のあるキッカーがいれば、ゴールに近い位置でファウルしてはいけないという意識を相手に持たせることができる。

 ただ、流れの中での得点が増えていかないとタイトルは見えてこない。気持ちと集中力で無失点に抑えたが、追加点があれば試合を決めることができていたと思う。相手が10人になった後は、自分たちのペースで試合を運ばなければいけなかった。

 C大阪は、尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督によって守備面を見直してきていると思うし、攻撃力は強烈。1対1では全てにおいて勝てるわけではないので、組織のバランスで数的有利の状況をつくり出したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷