現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

サガン番こぼれ話 守護神、涙の決断

2016年12月18日 09時08分

 「みなさんには一番に伝えたいと思い、この場で発表させてもらった」。鳥栖の守護神、GK林が、11日のシーズン報告会で大粒の涙をこぼしながら約3千人のサポーターに5分半にわたって別れを告げた。

 林が加入したのは3年半前の夏。GKが相次いで負傷する、危機的状況の時だった。「正直、(鳥栖に)拾われるような形で来た ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷