現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【山梨日日新聞】練習の質と量、試合で表面化

2015年04月20日 11時36分

鳥栖に完敗し悔しそうな表情で整列するVF甲府イレブン=山梨中銀スタジアム
鳥栖に完敗し悔しそうな表情で整列するVF甲府イレブン=山梨中銀スタジアム

 前半25分に失った2点目のゴール。「軽すぎる」と樋口靖洋監督が表現した失点シーンに、今のVF甲府が抱える問題点は象徴されている。

 一連のプレーは鳥栖のゴールキックから始まった。空中戦で豊田陽平と競った山本英臣主将の背後でボールは一度弾む。このルーズボールに対し、鳥栖の水沼宏太はゴール方向に前向きで体を入れ ...

有料会員限定記事の続きを読むには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。

  • 新規申し込み
  • 電子版会員

佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷