現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

就業体験の目標発表 県立ろう学校高等部の5人

2017年09月12日 08時57分

就業体験発表会 県立ろう学校
就業体験発表会 県立ろう学校

 佐賀市の県立ろう学校高等部生徒5人が8日、同校で就業体験発表会を開いた。生徒たちは作業内容などを紹介し、今後の目標を発表した。

 就業体験は6月から7月までの約10日間、県内外の食品や雑貨、住宅関連製造企業で行った。

 生徒たちはそれぞれの企業で過ごした1日のスケジュールや作業の難しさ、社員との会話のやりとりについて紹介。同校1年の池田玲奈さんは弁当販売を行うルチア(佐賀市)で就業体験を行った。料理が好きな池田さんは「調理ができて楽しかった」と手話で説明。「目標にしていた筆談などでのコミュニケーションは、緊張して自分から行動することができなかった」と反省点も振り返った。

 この日、同校で企業向けの学校説明会も行われた。進路指導部の野崎和幸先生は聴覚障害について「聞こえには個人差があり、補聴器でカバーできる場合もある。また耳の代わりに見る力に優れ、口の形で会話が読み取れる生徒もいる」と紹介した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング