現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

レジで詐欺被害防ぐ コンビニ店長らに感謝状

2017年09月10日 06時10分

感謝状を贈られた古賀誠さん(左)と船津享子さん(右)=佐賀市の佐賀南警察署
感謝状を贈られた古賀誠さん(左)と船津享子さん(右)=佐賀市の佐賀南警察署

 佐賀南署(川原義之署長)は6日、ニセ電話(架空請求)詐欺を未然に防いだとして、セブンイレブン佐賀水ケ江店店長の古賀誠さん(39)=佐賀市多布施2丁目=と同店パート従業員の船津享子さん(30)=佐賀市大和町久池井=に署長感謝状を贈った。

 2人は8月22日午前10時ごろ、5万円分の電子ギフトカードを3枚購入しようとしていた佐賀市内在住の80代男性に、船津さんが購入理由を尋ねたところ、あいまいな返答を繰り返したため、不審に思いレジで決済後に古賀さんに報告。古賀さんが再度理由を尋ねると、「誤ってサイトに登録した」などと話したため、警察に通報した。

 同署によると、男性は自宅のパソコンで有料サイトに接続した際、登録完了の画面が表示された。男性が表示された電話番号に連絡すると、男から「解約には15万円必要」「ギフト券で支払って」などと言われたという。

 同店で10年以上店長を務める古賀さんは「まさか自分の店で(ニセ電話詐欺が)あるとは」と驚いた様子。「以前から気に懸けていたので、阻止できて良かった」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング