現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

カッパ姿で多布施川清掃 親子で夏の思い出を

佐賀銀行100人

2017年08月20日 09時47分

胴長、頭に皿をつけたカッパ姿で清掃活動をする佐賀銀行の行員=佐賀市堀川町
胴長、頭に皿をつけたカッパ姿で清掃活動をする佐賀銀行の行員=佐賀市堀川町

 佐賀銀行(陣内芳博頭取)は19日、佐賀市の護国神社周辺の多布施川などで清掃活動を行った。頭に皿を付けたカッパ姿の行員らが、河川沿いの草を刈ったり、川の中に沈んだ空き缶を拾ったりした。

 遊び心を持ち、親子参加で夏の思い出をという趣旨で21年前から始めた「クリーン河童(かっぱ)作戦」には、佐賀銀行本部や佐賀市内店舗の行員、家族ら103人が参加した。胴長を着て、川に入り2トントラック2台分のごみや藻などを集めた。

 汗だくになりながら作業をしていた入行2年目の小田貞夫さん(24)は「思った以上にごみが多くてびっくりした。地域の方々に喜んでいただけるならうれしい」と語り、水分を補給していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング