現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

若い経営者の主張 多久・佐城地区大会

2017年06月19日 08時15分

優秀賞に選ばれた髙田道さん(左)と小池典洋さん=佐賀市大和町のホテル龍登園
優秀賞に選ばれた髙田道さん(左)と小池典洋さん=佐賀市大和町のホテル龍登園

 若い経営者の主張多久・佐城地区大会(県商工会連合会・青年部連合会主催)が15日、佐賀市大和町のホテル龍登園で開かれ、牛津芦刈商工会の高田道(とおる)さん(31)と、佐賀市北商工会の小池典洋さん(38)が優秀賞に選ばれた。2人は7月21日、佐賀市で開かれる県大会へ出場する。

 電気工事業を営む高田さんは意識改革をテーマに取り上げた。青年部活動が「自ら考え行動する」という変化につながり、本業へ好影響を与えているとした。地域振興のためにも「自分の熱い気持ち、“愛”を届けたい」とユーモアを交えて語った。

 旅館業の小池さんは、青年部での出会いは同時に「宝の山のような情報」であると気づいた経験を披露した。厳しい経営に追い込まれていた旅館を立て直したエピソードを軸に「この旅館を、恩返しの場として守り続ける」と宣言した。

 大会には、地区の5商工会から6人が出場。青年部活動や地域振興などについて発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング