現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

エコさが基金が3団体に助成金贈る

2017年06月16日 07時00分

エコさが基金の助成金を受け取った3団体の代表ら=佐賀市の佐賀新聞社
エコさが基金の助成金を受け取った3団体の代表ら=佐賀市の佐賀新聞社

 佐賀新聞社が県内の協賛33社と取り組む公共広告キャンペーン「エコライフ・エコライブさが」で実施している「エコさが基金」の助成金贈呈式が15日、佐賀市の同社であった。和舟の運行やマルシェなどを開きクリークの魅力の再発見に取り組む「さがクリークネット」(佐賀市)など3団体に15~20万円が贈られた。

 他の助成団体は「岳の棚田環境保全協議会」(有田町)、「えこいく(佐賀環境フォーラム環境教育班)」(佐賀市)。

 式では、佐賀新聞社の富吉賢太郎専務取締役が「これまで助成してきた団体がアメーバのようにつながり広がれば、大きな力になる」とあいさつ。各団体の代表が謝辞を述べ、さがクリークネットの川崎康広会長は「足元に眠る魅力を発掘したい。環境と共生してきた文化を未来につなげていきたい」と語った。

 エコさが基金は、環境保全に取り組む団体の活動を支えようと2007年に設立。14年以降は佐賀未来創造基金と連携し、16年度は33企業が協賛した。これまで48団体を助成し、今回で終了する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング