現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

龍谷高でタブレット端末の模擬授業

2017年06月11日 09時48分

プレゼン資料を作成する生徒=佐賀市の龍谷高校
プレゼン資料を作成する生徒=佐賀市の龍谷高校

■文字や写真「自由な表現できる」  

 ICT(情報通信技術)の使い方を学ぶ模擬授業が10日、佐賀市の龍谷高校であった。タブレット端末を活用し、自由な表現の仕方を学んだ。

 同高では今年から、タブレット端末「iPad(アイパッド)」を活用した授業を取り入れている。来年入学を考える中学3年の生徒たちにも触れてもらおうと、模擬授業を開催した。

 NTTドコモ九州支社の担当者が端末の使い方を説明した後、「自分の好きなもの」をテーマにプレゼンテーション資料の作成に取り組んだ。生徒たちはカメラ機能で写真を撮ったり、指で文字を画面に書き込んだりして自由に表現した。作成後はスクリーンに映し出しながら発表した。

 城南中3年の半田優里愛さん(14)は「ネットで調べる以外に、自由に表現できることを初めて知った。授業で使えたら楽しそう」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング