現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

佐賀発ドラマ・ガタの国から 「半沢直樹」の八津さん脚本

撮影前に安全祈願

2017年04月16日 19時40分

「ガタの国から」で主演を務める上白石萌音さん(左)とティティ・マハーヨーターラックさん=鹿島市古枝の祐徳稲荷神社
「ガタの国から」で主演を務める上白石萌音さん(左)とティティ・マハーヨーターラックさん=鹿島市古枝の祐徳稲荷神社
安全祈願祭で玉串を奉納する主演の上白石萌音さん(左から2人目)=鹿島市古枝の祐徳稲荷神社
安全祈願祭で玉串を奉納する主演の上白石萌音さん(左から2人目)=鹿島市古枝の祐徳稲荷神社
出演者やスタッフの前で舞を披露する祐徳稲荷神社のみこ=鹿島市古枝の同神社
出演者やスタッフの前で舞を披露する祐徳稲荷神社のみこ=鹿島市古枝の同神社

 NHK佐賀放送局が制作する佐賀発のドラマ「ガタの国から」の撮影が15日から嬉野市や鹿島市を舞台に始まった。クランクイン前日の14日には、主演の上白石萌音(かみしらいしもね)さんや、タイの人気俳優のティティ・マハーヨーターラックさん、撮影スタッフら約60人が鹿島市古枝にある祐徳稲荷神社で、ドラマの顔合わせと安全祈願を行った。

 出演者や関係者の顔合わせには嬉野市の谷口太一郎市長や鹿島市の樋口久俊市長らが出席し「市民は楽しみにしている。協力していきたい」とあいさつ。その後、本殿に玉串を奉納するなどして撮影の安全とドラマのヒットを願った。

 脚本はドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」などを手掛けた八津弘幸さんが務める。出演者は大ヒット作品となった劇場アニメ「君の名は。」で主役の声優を務めた上白石さんやタイの人気俳優マハーヨーターラックさんをはじめ、俳優の甲本雅裕さんや哀川翔さんなど豪華な顔ぶれとなっている。

 佐賀とタイを結ぶ青春ドラマ。上白石さんは「若い人たちに佐賀の魅力を伝えたい。楽しく見てもらえるようなドラマにしたい」と笑顔。佐賀で2度目の撮影となるマハーヨーターラックさんは「新たな佐賀の魅力をタイに伝えたい。佐賀とタイがもっと近づくように頑張る」と意気込んだ。

 ドラマの撮影は15日から約2週間。7月19日の午後10時から、NHKBSプレミアムでの放送を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング