現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

教職員40人が通学路で交通安全指導

2017年04月15日 07時30分

登校の時間帯に、自転車通学の生徒たちの交通指導にあたった塩田工高の津川久博校長(左)ら=嬉野市塩田町の嬉野市役所塩田庁舎前交差点
登校の時間帯に、自転車通学の生徒たちの交通指導にあたった塩田工高の津川久博校長(左)ら=嬉野市塩田町の嬉野市役所塩田庁舎前交差点

 嬉野市の塩田工業高(津川久博校長)で12日、同校の教職員約40人が通学路となる嬉野市役所塩田庁舎前の交差点など8カ所に立って、交通ルールを呼び掛けた。

 15日まで行われる春の交通安全県民運動に合わせた取り組み。交通安全への意識向上に加え、入学式を終えたばかりの新入生や新しい1年をスタートした在校生を気持ちよく迎え入れる思いも込め、担任を除く全教職員が校外で指導に当たる取り組みが実現した。

 同校は、鹿島市や武雄市からの自転車通学生も多く、方面ごとに決められた安全な道を通るよう指導している。この日も「自転車は左側の通行を」などと声を掛けて安全意識の向上を図った。津川校長は「自分たちが立つことで少しは意識向上の手助けになったと思う」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング