現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

護国神社、遺族ら750人、戦没者慰霊

2017年04月15日 09時30分

護国神社、遺族ら750人、戦没者慰霊

 佐賀市の護国神社で13日、戦没者を慰霊する「春季例大祭」が行われた。県内から遺族や自衛隊員ら約750人が参列、厳かな雰囲気の中、明治以降の戦没者と自衛隊殉職者の3万5600柱を追悼した。

 祭典委員長の宮原岩政さん(75)が「今ある自由と平和は御霊たちの尊い犠牲のためにある。後世に伝えていきたい」と祭詞を述べたあと、祐徳稲荷神社の巫女(みこ)による神楽と、詩吟が奉納された。

 佐賀県遺族会会長の石井順二郎さん(88)は「参拝者が年々少なくなり、運営ボランティアも高齢化している。戦争の時代が再び起きないように受け継いでいってほしい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング