現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

謎の巨大風船、佐賀市に飛来

2017年03月31日 10時55分

佐賀市久保泉町の畑に飛来した風船=佐賀警察署
佐賀市久保泉町の畑に飛来した風船=佐賀警察署

 佐賀市久保泉町の畑で、近くに住む井手修平さん(63)が直径約2メートルの不審な風船が飛来しているのを発見した。風船には単1乾電池2本とLED電球が付いていた。

 2月19日、畑仕事に出ようとしていた井手さんが、空中を漂っていた風船を見つけ、佐賀署に通報した。中のガスが抜け始め、低い位置を飛んでいたという。

 2015年3月ごろにも、鹿島市で韓国の気象台の観測用とみられる風船が見つかった例がある。不審な風船について同署は「事件性はない」と判断。風船にはハングル文字も英語も記されていないため出どころは分からず、井手さんは「朝鮮半島から飛んできた物ではないか」と推測している。

=ちょっとした話=

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング