現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

糖尿病由来の透析予防を ほほえみ館で5日、公開講座

2017年03月02日 10時47分

 NPO「佐賀県腎臓病協議会」は5日午後2時から、佐賀市保健福祉会館ほほえみ館で公開講座「透析にならないための話」を開く。糖尿病由来の透析に焦点を絞り、予防策などを学ぶ。

 県内の透析患者は約2300人。そのうち半数が糖尿病由来とされ、患者数は年々増加傾向にあるという。講座では佐賀大医学部の安西慶三教授が「ストップ!糖尿病腎症」の演題で、病気の特徴や予防法などを解説。「医者と患者との本音トーク」では、安西教授と患者の佐藤博通・県腎臓病協議会常務理事が、治療の大変さや患者の素朴な疑問などについて対談する。

 参加無料。定員90人。問い合わせは同協議会事務局、電話0952(22)9656。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング

明治維新150年