現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

日本エステ協会 メークでお年寄り笑顔に

2017年02月27日 10時36分

施設利用者らにハンドマッサージを施すエステティシャンたち=佐賀市巨勢町の有料老人ホーム「花みずき」
施設利用者らにハンドマッサージを施すエステティシャンたち=佐賀市巨勢町の有料老人ホーム「花みずき」

 日本エステティック協会は20日、佐賀市巨勢町の有料老人ホーム「花みずき」でお年寄りにメークやハンドマッサージのボランティアを行った。入居者やデイサービス利用者ら約50人が佐賀と福岡県内から集まったプロ20人の施術を堪能し、笑顔がこぼれた。

 協会会員が、利用者の手を取りハンドマッサージし、女性にはフルメークを施した。用意した手鏡が足りなくなるほど利用者は鏡に映った自分に見入り、「息子の大学の卒業式に化粧して参加したことを思い出した」と話す女性もいた。

 同協会佐賀地区委員の岩屋麻紀さんは「施術で肌に触れていくと、徐々に表情が和らいでいくのが分かった。若い会員は『仕事のやりがいを感じて元気をもらえた。どちらがボランティアか分からない』と喜んでいた」と話す。

 花みずきの江口大樹統括(40)は「日ごろ表情の乏しい方も笑顔になって、良い刺激になった。メークされて昔の記憶を思い出した方も多く、認知症の予防にも有効かもしれない」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング