現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

鳥栖でいじめ撲滅プロレス 大仁田厚さんも参加

ファイヤー!!戦う姿見て

2016年03月30日 10時40分

いじめ撲滅プロレスで、橋本康志市長(左)を表敬訪問した大仁田厚さん=鳥栖市役所
いじめ撲滅プロレスで、橋本康志市長(左)を表敬訪問した大仁田厚さん=鳥栖市役所

 プロレス観戦を通して人の痛みや強さを伝え、いじめをなくす「春一番!! いじめ撲滅プロレス in TOSU」が4月13日、鳥栖市民体育館で開かれる。全国各地で取り組む企画で、県内では入場無料で初開催する。元参議院議員でプロレスラーの大仁田厚さん(58)もリングに立ち、「本当に強い人はいじめなんか絶対にしない」と熱いメッセージを届ける。

 いじめ撲滅プロレスは、プロレス団体「ZERO1(ゼロワン)」(大谷晋二郎代表、東京都)が10年以上前から取り組んでいる。大仁田さんは活動に共感し2012年から参加している。

 当日は同団体所属のレスラー約30人が1対1やタッグマッチ、6人による対戦を繰り広げる。大仁田さんの代名詞である「電流爆破マッチ」や子どもたちとレスラーが触れ合うちびっこプロレス教室もある。

 29日は大仁田さんらが橋本康志鳥栖市長を表敬訪問した。大仁田さんは「議員時代、福岡の子どもがいじめを受けて自殺した事件を調査したのが、いじめ撲滅に取り組むきっかけだった」と話した。「閉じこもってゲームばっかりしてないで、体育館に来て戦う姿を見てほしい。何度やられても立ち上がる姿、痛みや生きるということをライブで、肌で感じて」と子どもたちに呼び掛けた。

 当日は午後6時から。問い合わせはファーストオンステージ、電話03(5777)5361。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング