現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

5日、脊振町で食育シンポ開催

成績向上事例学ぶ

2015年12月03日 11時29分

 「食で未来を変える」と題したシンポジウム(地域資源研究会せふりの風主催)が5日午後1時半から、神埼市脊振町の脊振勤労者体育館で開かれる。食育による成績向上や地域づくりの成功事例に学ぶ。

 長野県の旧真田町教育長で、上田市教育委員長、食育アドバイザーの大塚貢さんが講演する。学校給食の充実により食習慣を改善し、子どもを精神的に安定させることで成績アップや医療費削減にもつなげた事例を紹介する。

 パネル討論では大塚さんに加え、西九州大学子ども学部の赤星まゆみ教授ら4人が登壇する。「食でつながる健康と地域づくり」をテーマに教育や医療の観点から話し合う。問い合わせは本間代表、電話080(6443)2873。入場無料。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング

明治維新150年