現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

全国高校総体 佐賀商・豊島、果敢に「銅」 柔道

南東北総体2017

2017年08月10日 08時59分

柔道男子個人60㌔級準々決勝 佐賀商の豊島我空が出口(広島・崇徳)に背負い投げを仕掛ける=福島県郡山市の郡山総合体育館
柔道男子個人60㌔級準々決勝 佐賀商の豊島我空が出口(広島・崇徳)に背負い投げを仕掛ける=福島県郡山市の郡山総合体育館
柔道男子66㌔級3回戦 試合を押し気味に進める鳥栖工の中島淳(左)=福島県郡山市の郡山総合体育館
柔道男子66㌔級3回戦 試合を押し気味に進める鳥栖工の中島淳(左)=福島県郡山市の郡山総合体育館

 全国高校総合体育大会「はばたけ世界へ 南東北総体 2017」は9日、山形、福島の両県で4競技があり、佐賀県勢は2競技に出場した。柔道男子個人は3階級が行われ、60キロ級の豊島我空(佐賀商)が3位入賞。66キロ級の中島淳(鳥栖工)がベスト16に入った。

 カヌーではカナディアンペアの小楠裕己・古賀勇馬(伊万里農林)が10日の準決勝に残った。

 10日は山形などで7競技がある。

■ヒーロー 左膝故障痛みこらえ泥臭く

 もがきながらも、最後まで気持ちを入れて戦い抜いた。中学に続き、日本一を狙った柔道男子個人60キロ級の豊島我空(佐賀商)の夢は準決勝でピリオドを打った。

 10日前、練習中に左膝の靱帯(じんたい)を痛めた。井上安弘監督は「コンディションが悪くやっかいな相手が多い中、よく頑張った」と奮闘の豊島をねぎらった。

 1回戦は投げ技をどんどん仕掛けて優勢勝ちを収めたが、膝の痛みが強くなり、痛み止めときつめのテーピングで対処。2回戦以降は3試合連続の延長にもつれながらも、粘り強く技を繰り出し白星を重ねた。

 準決勝の相手、福田(滋賀・比叡山)は、全国中学校体育大会50キロ級決勝で下し、昨年の全日本カデ選手権55キロ級決勝で敗れた因縁の相手。勝ち越しを狙った3度目の対決で、「負けたくないという気持ちで前に出たところを、相手に合わせられた」。開始1分、背負い投げで一本負けし、試合後は号泣した。

 「今まで60キロ級で結果を残していなかったので、3位は最低限の成績」。勝ち方にこだわらず、泥臭い試合で手にしたメダル。表彰式が終わり、仲間たちから祝福を受けた豊島は、少しふっきれた様子だった。

■中島奮闘ベスト16

 柔道男子個人66キロ級の中島淳(鳥栖工)が1、2回戦を勝ってベスト16入りした。

 6月の県総体個人決勝は、世界カデ体重別選手権代表の近藤隼斗(佐賀工)に優勢勝ち。近藤が世界選手権を優先し、2位でも県代表になれたが、「出るからには優勝して全国に行く」と気合を入れ有言実行した。

 3回戦は優位に進めながら、終盤に小内刈りで技ありを奪われ敗退。「悔しいが、2回勝てたしインターハイは楽しかった」と話した。

 ▽男子60キロ級1回戦

豊島我空(佐賀・佐賀商)/優 勢/山本慎太郎(北海道・東海大札幌)

 ▽同2回戦

豊島我空(佐賀・佐賀商)/反則勝ち/吉田翔(栃木・白〓大足利)

※〓は匡の王が品、右に鳥

 ▽同3回戦

豊島我空(佐賀・佐賀商)/優 勢/平田匠(石川・鶴来)

 ▽同準々決勝

豊島我空(佐賀・佐賀商)/優 勢/出口嘉人(広島・崇徳)

 ▽同準決勝

福田大悟(滋賀・比叡山)/背負い投げ/豊島我空(佐賀・佐賀商)

 ▽同66キロ級1回戦

中島淳(佐賀・鳥栖工)/優 勢/山田蒼也(福島・田村)

 ▽同2回戦

中島淳(佐賀・鳥栖工)/優 勢/竹内龍生(兵庫・相生産)

 ▽同3回戦

井上拓茉(三重・四日市中央工)/優 勢/中島淳(佐賀・鳥栖工)

 ▽同73キロ級2回戦

塚本綾(東京・日体大荏原)/ともえ投げ/川添晃毅(佐賀・佐賀商)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング