現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

唐津10マイルロード 12日号砲

2017年02月11日 09時56分

■4部門に875人参加

 第57回唐津10マイルロードレース大会(唐津市・佐賀陸上競技協会主催)が12日、唐津市陸上競技場を発着点に開かれる。4部門に計875人が出場し、虹の松原を通る風光明媚(めいび)なコースで健脚を競う。

 メーンの一般10マイル(16・093キロ)には217人がエントリーしている。県内で合宿を行う大学チームが増えた影響もあり、前年を40人以上上回った。

 優勝争いは、2015年世界陸上北京大会1万メートルの代表で全日本実業団対抗駅伝優勝メンバーの鎧坂哲哉(旭化成)や、同駅伝4区区間6位の村澤明伸(日清食品グループ)ら実業団勢に、箱根駅伝3区区間3位の平和真(早稲田大)、同1区区間2位の鬼塚翔太(東海大)ら大学生が挑む展開になりそうだ。県関係では、マラソンで実績のある前田和浩(九電工)もエントリーする。

 474人で争う高校男子10キロは、全国高校駅伝4区区間7位と快走した吉武佑真(鳥栖工)、同1区区間10位の井手孝一(同)に大牟田勢が絡む、混戦が予想される。女子10キロ(56人)は、招待選手の高木結加(福岡大)に筑紫女学園の3選手が挑む構図。128人が出場する高校女子5キロは、優勝候補筆頭の花田咲絵(筑紫女学園)を、天本雛緒(鳥栖工)、大久保麻紀(清和)ら県勢が追いかける。

 スタートは高校男子10キロが午前10時、女子10キロが同11時、高校女子5キロが同11時5分、一般10マイルが午後0時15分。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング