現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

柔道・九州大会 中島(鳥栖工)60キロ級V

2016年11月21日 09時45分

左から男子73キロ級3位の川添晃毅(佐賀商)、男子60キロ級2位の豊島我空(同)、同優勝の中島海斗(鳥栖工)、女子63キロ級3位の大石野乃(小城)=福岡市の九電記念体育館(提供写真)
左から男子73キロ級3位の川添晃毅(佐賀商)、男子60キロ級2位の豊島我空(同)、同優勝の中島海斗(鳥栖工)、女子63キロ級3位の大石野乃(小城)=福岡市の九電記念体育館(提供写真)

 第20回九州高校新人柔道大会最終日は20日、福岡市の九電記念体育館で男女各7階級の個人戦があった。県勢同士の決勝となった男子60キロ級は中島海斗(鳥栖工)が、アジアカデ選手権覇者の豊島我空(佐賀商)をきん差の優勢勝ちで破り優勝した。

 男子73キロ級の川添晃毅(佐賀商)と女子63キロ級の大石野乃(小城)は3位に入った。

 =県勢の上位成績=

 【男子個人】60キロ級準々決勝 豊島我空(佐賀商)=優勢=福田(長崎東)、中島海斗(鳥栖工)=大外刈り=友田(福岡・若松)▽同準決勝 豊島=優勢=山口(福岡・西日本短大付)、中島=優勢=本松(大分・柳ケ浦)

 ▽同決勝

中  島 =優 勢= 豊  島

 ▽73キロ級準々決勝 川添晃毅(佐賀商)=腕がらみ=竹家(西日本短大付)▽同準決勝 松山(柳ケ浦)=裏投げ=川添

 ▽81キロ級準々決勝 崎山(沖縄尚学)=内股=〓本健太(小城)

 ▽100キロ級準々決勝 谷所(福岡・大牟田)=優勢=山田駿汰(佐賀工)

 【女子個人】52キロ級準々決勝 坪根(福岡・沖学園)=背負い投げ=満岡茉耶(佐賀商)

 ▽63キロ級準々決勝 大石野乃(小城)=腕ひしぎ十字固め=照屋(沖縄尚学)▽同準決勝 東(沖学園)=大腰=大石

 ▽70キロ級準々決勝 草場(福岡・南筑)=横四方固め=山本日菜(佐賀商)

 ▽78キロ級準々決勝 安藤(福岡・敬愛)=袈裟固め=中島咲(小城)

個人戦で上位に入賞した県勢の選手。

〓は雨カンムリに鶴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング