現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

太良が総合12位 九州山口道の駅ランキング

2014年06月24日 10時16分

総合部門で12位に入った道の駅「太良」。ミカンや海産物の評価が高かった=昨年11月、藤津郡太良町
総合部門で12位に入った道の駅「太良」。ミカンや海産物の評価が高かった=昨年11月、藤津郡太良町

 旅行雑誌「九州じゃらん」(リクルートライフスタイル社刊)の読者アンケートを基にした九州山口地区の「道の駅ランキング」で、太良(藤津郡太良町)が総合部門12位に入った。

 読者アンケートは昨年12月~今年1月に実施。九州・山口8県の道の駅136カ所を対象に、「満足度(総合部門)」「レストラン」「テイクアウト」「お土産」の4部門で集計した。

 佐賀県内の道の駅は8カ所で、太良が満足度で12位だったほか、大和(佐賀市)がテイクアウト、お土産の2部門でそれぞれ14位、鹿島(鹿島市)がテイクアウトで17位、桃山天下市(唐津市)がレストランで19位に入った。

 太良はカニ、カキなどの海産物やミカンの評価が高く、大和は「干し柿ソフトクリームが珍しくておいしかった」「干し柿ようかんなど加工品が豊富」などのコメントが寄せられた。鹿島は「海産物や野菜が豊富で安い」との評価が目立ち、桃山天下市はイカの活(い)き造りなど海産物を中心とした豊富なメニューが好評だったという。

 同社は「単なる立ち寄りスポットではなく、レジャーの目的地になっている道の駅もある。地元の食材を使ったメニューをそろえるなどしてオリジナリティーを磨く動きが続いており、今後も注目される」と分析している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング

明治維新150年