現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

太陽フレア衝撃波到達 電子機器障害みられず

2017年09月09日 12時00分

太陽フレアに伴う非常に強い磁気嵐によって発生するオーロラの予想図。中央が北極点、矢印は日本列島(米海洋大気局提供・共同)
太陽フレアに伴う非常に強い磁気嵐によって発生するオーロラの予想図。中央が北極点、矢印は日本列島(米海洋大気局提供・共同)

 情報通信研究機構は8日、太陽表面で6日に発生した最大級の「フレア」で放出された大量の粒子が、衝撃波となって8日午前7時ごろ地球の上空に到達したと発表した。地球の磁場が乱れる磁気嵐と、上空にある電離層の乱れも観測した。通信機器などに影響を及ぼす可能性があり警戒を呼び掛けたが、「8日午前中にピークは過ぎた」との見方を明らかにした。

 電子機器の障害などは報告されなかった。電離層の乱れは数日間続く可能性があり、カーナビやスマートフォンに使われる衛星利用測位システム(GPS)に誤差が生じる恐れは残る。総務省は、携帯電話や人工衛星などの関係事業者に注意喚起した。

 一方、米航空宇宙局(NASA)によると、7日午後11時半ごろにも最大級のフレアが発生した。6日に発生したものと比べると、エックス線の強さは7分の1程度とやや小さいが、フレアの規模を表す5段階の等級は最大のXクラスだった。

 太陽活動は9月に入ってフレアが連続して発生するなど活発になっており、NASAは太陽活動の監視を継続する。フレアに伴い電離層が乱れると、GPSのほか、飛行機や船の無線で使われる短波通信に障害を起こす可能性がある。

 6日のフレアで放出された電気を帯びた粒子の到達は当初、8日午後3時~9日午前0時ごろと同機構はみていたが、粒子の速度が予想より速かったという。米海洋大気局は、観測された磁気嵐は「非常に強かった」とした。人体に影響はないとしている。【共同】

■太陽フレア 太陽の表面にあるしみのように見える黒点で起きる爆発。黒点の磁場が変化することで周りのガスにエネルギーが伝わって起きるとされる。ガスは1000万度を超す高温になり、強力なエックス線や紫外線、電気を帯びた粒子(プラズマ)を放出する。地球まで到達すると、宇宙飛行士が被ばくしたり、通信機器に障害が出たりする恐れがある。フレアは「閃光(せんこう)」「炎」を意味する英語。英国の研究者が1859年、黒点のスケッチ中に偶然発見した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング