現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

佐賀県、「ネットトラブル窓口」を新設

相談、関係機関に橋渡し

2017年08月02日 07時58分

 佐賀県は1日、インターネットトラブルの相談窓口を新設した。対処方法を助言するほか、必要に応じて警察や消費生活センター、学校など関係機関に橋渡しする。

 平日の午前9時から午後6時まで、フリーダイヤル0120(060)797、電子メールhelp@saga-soudan.net、LINE(ライン)IDはsagasoudanで受け付ける。

 県情報課によると、県消費生活センターにはインターネットトラブル関係で「不当・架空請求」の相談が年間1千件を上回るペースで寄せられている。ほかにも中傷やいじめ、ネット上に載った情報の削除方法など多岐にわたっている。同センターなどで対応してきたが、不安やおかしいといった「小さな芽」の段階で相談できる場所がなかったため、窓口を開設した。

 SNSなどによる誹謗(ひぼう)中傷、他人を語ったなりすまし、ネットショッピングで発生した問題などの相談を受け付ける。相談経験が長く、情報モラルの啓発活動にも取り組むNPO法人「ITサポートさが」が行う。事業費は245万円。

 来年3月末まで窓口を置き、来年度以降は利用状況などを検証して決める。県情報課は「ちょっと気になることがあれば、『こんなことを相談していいのか』と迷わず、気軽に相談してほしい」と呼び掛ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング