現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

鹿児島で震度5強 負傷者や土砂崩れも

新幹線一時見合わせ

2017年07月11日 14時05分

地震の影響で、鹿児島赤十字病院の廊下に入ったひびを指さす病院関係者=11日午後、鹿児島市
地震の影響で、鹿児島赤十字病院の廊下に入ったひびを指さす病院関係者=11日午後、鹿児島市

 11日午前11時56分ごろ、鹿児島市で震度5強の地震があった。鹿児島県の指宿市と南九州市でも震度5弱を観測した。気象庁によると、震源地は鹿児島湾で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・3と推定される。その後も余震とみられる震度1の地震があった。津波はなかった。【共同】

 消防によると、指宿市に住む60代の男性が、落下物が頭に当たり負傷した。県警によると、南九州市川辺町では土砂崩れが発生したが、けが人はいないという。南九州市では最大約3600戸で停電も発生した。

 鹿児島赤十字病院では、建物の廊下の一部に長さ約1~2メートルのひびが数カ所入った。エレベーターも一部が停止したが、閉じ込められた人はいない。県には大規模な被害の情報は入っていないとしており、さらに詳しい状況を確認している。

 気象庁の松森敏幸地震津波監視課長は、記者会見を行い「今後約1週間は、最大震度5強程度の地震に注意してほしい」と呼び掛けた。

 JR九州によると、九州新幹線は新八代-鹿児島中央の上下線で一時運転を見合わせた。鹿児島県内の在来線も、指宿枕崎線の五位野-枕崎の上下線で運転を見合わせるなどした。

 九州電力によると、稼働中の鹿児島県薩摩川内市の川内原発1、2号機に異常はなく、運転を継続している。

 気象庁によると、桜島もこれまでのところ、火山活動の状況に大きな変化はないという。

 政府は、危機管理センターに官邸連絡室を設置。鹿児島県も、情報収集のため災害警戒本部を設置した。

 鹿児島市危機管理課の女性職員は「突き上げるような縦揺れの後、10秒以上強い横揺れを感じた。机の下に隠れるなどして身を守ったが、物が落ちてくるようなことはなかった」と話した。

 震度5弱以上の各地の震度は次の通り。

 震度5強=鹿児島喜入(鹿児島)▽震度5弱=鹿児島下福元、指宿十町、南九州頴娃、南九州知覧(鹿児島)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング