現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

秀島氏4選出馬表明 佐賀市長選

2017年06月15日 07時16分

秀島敏行氏
秀島敏行氏

■バイオマス事業など推進

 佐賀市の秀島敏行市長(74)=3期、本庄町=は14日の市議会一般質問で、任期満了に伴う10月の市長選に4選を目指し、出馬する意向を正式に表明した。市長選への出馬表明は秀島氏が初めて。

 自民系市議の質問に対し、秀島氏は、3期12年を一区切りとして市政運営に臨み、後継者を探したことを明かした。その上で「特に力を入れてきたいくつかの事業が極めて重要な局面にさしかかっており、軌道に乗せるには、もう少しの時間ともう一押しが必要だとの認識を持ち、出馬の意思を固めた」と決意を語った。

 具体的な出馬理由には、佐賀空港へのオスプレイ配備計画を念頭に「佐賀空港の利活用問題で地域にひびが入ることはなんとしても避けたい。調整の労を執らせていただきたい」と述べたほか、推進する事業として、バイオマス事業、佐賀駅周辺整備、発達障害児支援を挙げた。

 一般質問後に開いた会見で多選や高齢について問われ、「4期目以上が多選と私は思わない」「70歳ぐらいできついという人もいれば、80歳以上でまだまだ元気という人もいる」と語り、問題ないとの認識を示した。

 佐賀市長選は市議選と同時で10月8日告示、15日投開票。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング