現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

賭けマージャン問題 飯塚市長辞職

市政混乱で引責、副市長も

2017年01月12日 13時12分

斉藤守史市長
斉藤守史市長

 福岡県飯塚市の斉藤守史市長(68)は11日、記者会見を開き、賭けマージャン問題で市政を混乱させた責任を取り、田中秀哲副市長(69)と共に今月31日付で辞職する意向を明らかにした。斉藤市長は会見に先立って自身の辞職願を市議会議長に提出した。

 斉藤市長は「私の不徳の致すところで、これ以上市政を停滞させるわけにはいかず、一日も早く事態を収拾するために身を引くことが一番の方法だと考えた」と述べた。

 一連の問題を受け、市は条例に基づき、辞職勧告の権限がある政治倫理審査会を設置する予定だった。市議会議長は11日に斉藤市長の辞職を市選管に通知。公選法に基づき3月2日までに市長選が行われる。

 斉藤市長は、田中副市長と平日の日中に市庁舎を離れ、賭けマージャンをしていたことが昨年12月に発覚した。直後の市議会で陳謝し、その後の記者会見では約10年前に就任した頃から賭けマージャンを始め、賭け金は1日1万円ほどだったと説明。平日に行ったのは昨年1月14日ごろの1回だけとした上で「賭けなかったらマージャンをする人がどれくらいになるだろうか」などと開き直りとも取れる発言をした。

 田中副市長は、メンバーに2017年度から市施設の指定管理者となる葬祭業者も含まれていたと認めたが「便宜を図ったことは一切ない」と釈明していた。

 斉藤市長は同市の食品会社社長を経て、06年の市長選で初当選し現在3期目。【共同】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング