現在位置:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「さが西部クリーンセンター」が完成

循環型社会のモデルに

2015年12月26日 10時09分

完成した4市5町の広域ごみ処理施設「さが西部クリーンセンター」=伊万里市松浦町
完成した4市5町の広域ごみ処理施設「さが西部クリーンセンター」=伊万里市松浦町
竣工式でテープカットする4市5町の首長ら=伊万里市松浦町のさが西武クリーンセンター
竣工式でテープカットする4市5町の首長ら=伊万里市松浦町のさが西武クリーンセンター

■溶融熱で発電、再資源化

 伊万里市松浦町に建設していた県西部4市5町の広域ごみ処理施設「さが西部クリーンセンター」が完成し25日、竣工(しゅんこう)式があった。溶融処理で発生する熱を利用した発電や溶融物の再資源化も図り、運営する県西部広域環境組合(管理者・塚部芳和伊万里市長)は「循環型社会形成の拠点」と位置付ける。1月4日から正式稼働する。

 県ごみ処理広域化計画に基づき、老朽化の進む伊万里市環境センター、杵藤クリーンセンター(武雄市)、有田町クリーンセンターの3施設を統合した。伊万里、武雄、鹿島、嬉野の4市と有田、大町、江北、白石、太良の5町の計24万人のごみを処理する。

 総事業費は約174億円で施設建設工事は約143億円。総事業費のうち国の交付金や地方債を除く約25億円が市町の負担となる。

 高温でごみを溶かすガス化溶融炉は計2炉で1日最大205トンを処理できる。溶融物のスラグとメタルを分離回収し、それぞれ道路舗装用材や建設機械のおもりに再利用する。溶融処理の熱で発電する蒸気タービン(3900キロワット)で施設内の電力を賄い、余剰分は売電する。不燃ごみや粗大ごみを処理する「マテリアルリサイクル推進施設」では、鉄やアルミを再資源化する。

 竣工式で塚部市長は「一部事務組合の設立から8年余りで竣工を迎えられたのは、地元の理解と協力のおかげ。4市5町が団結し、施設運営に取り組みたい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

記事アクセスランキング